ほうれい線上のアリア

愉快にお気楽に生きていきたい。北野トマレの日常。

スポンサーリンク

家族

狼と妊娠線と私の話

お風呂上がり。 ハーフパンツから伸びる私の太ももを不思議そうに眺めてコケシが言った。 んー、それは肉割れ。 12年前コペル妊娠の際、できてしまった妊娠線の跡。 妊娠中私の体重は47キロから約10キロ増加した。 乾燥肌で皮膚の薄い私は予防のためにせっ…

息子のコンタクトレンズの話

コペルがコンタクトレンズデビューした。 中学校で演劇部に入ったコペル。 始まりは彼のそんな一声から。 まぁ、そうだよね。 いつも眼鏡が手放せなければ 北島マヤだって紅天女は演じられないものね。 最近のコンタクトレンズは酸素の透過性が上がり 昔に比…

虹を見るスキルの話

大きい虹をみた。 虹っていいよねー。 見たからと言って特別何が起こるわけでもないのだけれど 小さい幸運を拾ったような、 未来への希望をみたような、 そんな気持ちになる。 小学生の頃。 先生が教えてくれたことをずっと覚えている。 「虹が出るのは太陽…

真夏の怪談

今週のお題「怖い話」 つい先日体験した本当にあった怖い話を聞いてほしい。 あれはお盆休み最終日の日曜日。暑い夜だった。 コケシは早々に寝てしまい、 コペルは明日から学校だ、と明日の準備。 私とジョニーさんは半沢直樹を見たりして・・ 呑気にくつろ…

長崎原爆の日の話

昨日は長崎原爆の日だった。 私にとって、戦争も原爆もはるか遠いことのように感じられるが うちのクリニックを受診される方の中には原爆手帳を持っていらっしゃる人もいたりして そう遠くない昔、確かにこの地でおこったことなのだ、と 改めて身震いするよ…

穴があったら入りたい話

夜、コペルの部屋からなんだかガタガタと音がしているので ジョニーさんが 「何をしているの?いい加減に寝なさい」と 声をかけ、 コペルの部屋のドアをガラッとあけたら ベッドと壁の間にコペルが挟まっていたらしい。 小さい時からコペルは穴があれば手を…

今日も今日とて反抗期と戦う話

息子が絶賛反抗中だ。 感情の起伏が激しくてちょっとしたことで泣いたり怒ったりする。 なんだか常に機嫌が悪い。 普通に呼んだだけなのに、 普通に朝起こしただけなのに、 いつだってキレ気味に返事をしてくる。 起きた瞬間から不機嫌。 かわいくない。 も…

サ活を再開した話

ジョニーさんは最近サウナ活動、サ活を再開した。 うちの近所のスーパー銭湯はサウナブームに乗って 4月、5月の自粛期間中に改装を行い サウナ室を2倍の広さに拡大するという攻めの姿勢に打ってでた。 withコロナのこのご時世でサウナ室においてもソーシャル…

「今日の北野家」寝坊した朝

昨日は家族揃って寝坊してしまった。 最初に目覚めたのはジョニーさん。 「トマレちゃん!7時半過ぎてる!」 起きた瞬間、絶望感でいっぱい。 最悪の目覚めよね・・。 コケシはまだ間に合うが まずいのは弁当持参、バス通学のコペル。 うちの近所のバス停に7…

「今日の北野家」夢まくらに立つおじさん

夜中にふと気配を感じて目を開けると 枕元に全裸のおじさんが立っていた。 怖かったので、目を合わせないようにしようと そのまま目を閉じているうちに眠ってしまった。 朝起きて冷静になってみたら夢だったのかもしれないと思えた。 それで、夫ジョニーさん…

「今日の北野家」英語でなんていう?

週明けからコペルは期末試験だそうで 慌てて試験勉強に励んでいるこの週末である。 中間よりも科目数が増え、試験範囲も広くなって なかなか苦戦している様子だったので 「もうやだー。」 と溶けているコペルの横について ちょっとだけでも手伝ってあげよう…

「今日の北野家」鬼滅の刃の一番くじをひいたら

立ち寄った本屋で見かけた鬼滅の刃の一番くじ。 子どもにせがまれ、ひいてみたら なんと 炭治郎のフィギュアと 義勇さんのフィギュアが当たった。 一番いい賞と次にいい賞らしいのだ。 やだ、凄い。なんてこと。ついてる。 コケシはそれはそれは大喜びで 家…

「今日の北野家」息子の脳の容量の話

息子コペルは正確にそのまま丸ごと記憶するということが苦手だ。 思考力や理解力はそこそこなので 学校の学習でいうと数学や国語の読解、作文等は得意としているようだが 漢字の書き取りや英語のスペルなどは散々な有り様だ。 適当・・。 注意力散漫で細かい…

夫が禁煙した話

夫が禁煙した。 夫、ジョニーさんは子供が生まれてから極力家族の前では吸わないようにしていてくれたし、 煙の少ない加熱式タバコが登場してからは そちらに切り替えてくれていた。 だから私たち家族は副流煙のような直接的な迷惑は感じていなかったし、 そ…

寿命の切れた下着を履いていた話

今日夫に言われた。 「あのさ洗濯干してる時に思ったんだけとどさ・・・トマレちゃんの結構前から穿いてるあの青いパンツ、 あれ、もう死んでるよ。」 急に頭の中でさだまさしの「防人の詩」が流れ出す。 おしえてください。さだ先生。 「もう、おしりのとこ…

中学校の頭髪検査に感じる違和感の話

息子コペルが中学の頭髪検査で引っかかってしまった。 コペルが特別攻めた髪型をしていたかといえばそんなことはない。 きちんと定期的に美容院に行かせていたし、 検査の前日にもカットに行った。 でも生活指導の先生の指導はこうだった。 「次の検査までに…

暇を潰すスキルの話

デジタル世代のうちの子供たちは 病院の待ち時間や車や電車での移動中などでも すぐ なんらかの端末を要求してきて 自力では少しの暇も潰せない。 確かにYouTubeも楽しいし、 私もゲームは大好きだ。 だからそれが悪いとは思わないし どっちがいいとか、どっ…

「手のひらしりとり」って知ってる?という話

最近我が家で「手のひらしりとり」が流行っている。 手のひらしりとりとは以前ジョニーさんが 何かの本で見かけたというしりとりの亜種・・ らしいのだが検索しても見当たらない。 だからどなたが考案したものかはちょっとわからないのだけれど、 我が家のオ…

息子にちょっと伝えておきたい話

君は意外とプライドが高いから言いたがらないけど 君が新しい環境で苦戦していることは感じてるよ。 ただでさえ、新しい学校、新しい環境ってのは緊張するものなのにさ、 今年はこんな状況で・・ 本来だったら新しいクラスメイトとの親睦を深められるはずだ…

鬼滅の刃の日輪刀を作ろう!という話

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしだっただろうか。 お家にこもっていると人はクッキーとかお菓子を作り出しがちだが、 例に漏れず私も 子どもと一緒にクッキーを焼いたり プリンを作ったり グミを作ったり いちご飴を作ったり バナナシフォンケーキを焼い…

休校中の子どもの自宅学習はどうでしたか?という話

どこの家でも同じかとは思うが 休校生活に入ってからずっと 子ども達の家庭学習に追われている。 学校から課題は出ている。 だから理想をいうなら 「全体の分量をみながら自分で1日の計画を立て 規則正しく学習し、丸つけ・見直しを行い、 理解していないと…

「カメラを止めるな!リモート大作戦!」と「ぼよよん行進曲」の話

寝る前にベッドの中でぼんやりFacebookを眺めていたら 友達がこんな動画をシェアしてくれていた。 短編映画『カメラを止めるな!リモート大作戦!』本編 「カメラを止めるな!」の上田監督とキャストが再集結。完全リモートで制作した短編映画。 そんなふう…

バレエのオンラインレッスンの話

お題「#おうち時間」 娘コケシの習っているバレエのレッスンがオンラインになった。 先生が動画をYouTubeにあげてくれているのでそれを見ながら 毎日30分のバーレッスン。 レオタードやタイツは着ても良いけど 着なくてもいい。 なんならパジャマでもジャー…

アマビエチャレンジの話

アマビエを知っているだろうか? 江戸時代後期の肥後国(現・熊本県) 毎夜、海中に光る物体が出没していたため役人が赴くと、 半人半魚のそれが姿を現した。 その者は、役人に対して と名乗り、 ・・と、予言めいたことを告げ 海に消えたと伝わる。 そして…

休校中だというのに中学の役員になっちゃった話

この時期避けて通りたいもの。 できればなりたくないと強くねがうもの。 誰にでも起こりうる災難で、 己の注意や努力だけで避けられるものでもない・・・。 ・・・って勿体ぶってミスリードを狙っても タイトルで思いっきり言っちゃってるから無駄よね。 コ…

学生服を洗濯機で洗っていいのか、誰か教えてくださいという話

「小学生の子を持つ母親」から、「小学生と中学生の子を持つ母親」へとクラスチェンジしてからまだ一週間。 圧倒的に経験値が足りず、戸惑う毎日である。 お弁当づくりの段取りが悪いし、 子どもの勉強のサポートもどれくらい親が踏み込んで管理すべきなのか…

サウナとコロナの話

不要不急の外出自粛で皆いろいろなことを我慢していることと思う。 緊急事態宣言発令中の七都府県の方々は もちろんもっともっと不自由な生活を強いられていることと思うが、 長崎に住む私達でもやはり不要の外出は控えるようになり 家と職場を往復し、たま…

学校が再開したよという話

ここ長崎では月曜日から新学期が始まり 学校が再開となった。 県内の感染者は4月9日現在13人。 都会と違って少ないとは言っても、やはりチラチラと感染の報告があがるようになってきたこの状況下において 学校再開には賛否両論だ。 自主的に休校を選ぶ家庭も…

「あつまれどうぶつの森」をはじめた話

無人島に移住しました! 我がキタノ島にはまだコロナ感染の波は押し寄せてはおらず、穏やかだ。 美しい自然に囲まれて 日がな一日釣りをしたり、自生する果物をもいで食べたり ゆったりとした毎日を送っている。 ・・・って言ったら ゲーム界隈に明るくない…

時間短縮、規模縮小、マスク着用となった息子の卒業式の話

昨日は息子の小学校の卒業式だった。 コロナウィルス感染拡大防止のため 在校生の列席は無し、来賓挨拶なし、 祖父母兄弟児の出席禁止、 そして児童、保護者ともにマスク着用。 例年に比べ時間短縮、規模縮小の卒業式であったが こんなご時世であるからこう…