ほうれい線上のアリア

愉快にお気楽に生きていきたい。北野トマレの日常。

スポンサーリンク

家族

お坊さんのデビューの瞬間に立ち会った話

帰省中、実家での出来事。 お盆に法要をお願いしたので お寺からお坊さんが来ることになっていた。 私も家族も普段はあまり信心深い方ではないが 夏休みに遠方から家族が集って 先祖に思いを馳せる このお盆というシステムは なかなかいいな、といつも思う。…

パルムの開発者岩井さんにお手紙を書いた話

今週のお題「わたしのイチ押しアイス」 はてなブログの今週のお題が「わたしのイチ押しアイス」だったので思い出したのだが、 息子コペルには2年くらい前から激烈に愛するイチ押しアイスがある。 森永のパルムである。 今のCMは仲里依紗さんだったろうか。 …

息子が友達に蹴られていたらどうするかという話

夏休みだ。 子ども達は毎朝ラジオ体操に行っている。 ラジオ体操に行かせると、子どもが毎朝とっても早起きになってしまう。 「9時出勤、職場まで徒歩5分」の母としては せっかく学校が休みなんだから もう少しゆっくり寝ていてくれるとかなり楽なんだけど、…

パパみたいな人じゃないと結婚を許さないという話

子ども達を見ていると ふいに愛情の波が ぐわーっと 心の奥底からこみ上げてくることがある。 こうなってしまうともう海に向かって叫ぶか 夕日に向かって走るか 子どもを思いっきり抱きしめてチュッチュチュッチュするかでもしないとおさまらない。 仕方ない…

トイストーリー4をみてきた話

この間トイストーリー4を見てきた。 今日はそのことについて書きたいと思う。 (この後ネタバレを含みます。 「トイストーリー4これから見るよー!内容はまだ知りたくないよー」という方は 映画を見た後でもう一度いらしていただけると嬉しいです。) 今を遡る…

夫が友だちと神戸に旅行に行った話

この間、ジョニーさんが友人と神戸に2泊3日の旅行に出かけた。 ジョニーさんは年に数回、 友人と色々な場所へ現地集合の旅をするのが恒例の行事となっている。 大学の時からの友人と、都内で勤めていたときの後輩2人とジョニーさん。 仲良し4人組である。 …

映画「天気の子」を大雨の中見てきた話

土曜日、映画「天気の子」を見てきたので そのことを書きたい。 (ストーリーについては予告編の内容以上のネタバレは無いと思うが 何の情報も先入観も入れずに映画を楽しみたいという方は 映画を見た後でもう一度来ていただけると嬉しい。) トイストーリーと…

旧ルンバVS新ルンバの話

新しいルンバを購入した。 そう・・買ってしまったのだ。 我が家には例の彼がいるというのに。 ↓仕事を放棄し、ひきこもっていた我が家のルンバくん ずーっと動かずホームベースに頭を突っ込んだまま、 数ヶ月ピクリともしなかったくせに 新しいルンバ購入の…

離れて住む母を思う話

私の母は若いころ幼稚園の先生だった。 結婚して一度退職したが、 その後学童の指導員として働き そして今はヘルパーの仕事をしている。 赤ん坊からお年寄まで、 ありとあらゆる年代の人の世話を焼く 生粋の世話好きおばちゃんなのである。 人付き合いの苦手…

成長期の息子と神様からの気遣いの話

息子が声変わりしてしまった。 毎日一緒にいるのでいつからとは分からなかったが 気がつけば随分と声が変わり、 声変わり期特有の低くかすれた不安定な声になっている。 ちょこちょこ裏返ったりもして、なんだか喋りづらそうだ。 天使のように可愛かったあの…

重いランドセルへの想いの話

息子のランドセルが重い。 よく玄関に置いてあるので どかそうと不用意に持ち上げると 腰がやられそうになる。 蓋が閉じないほど教科書、ノートがみっちりと詰め込まれていて、ずしりと重く 石でも入ってるんじゃないかと思うほど。 コペルは注意力散漫なう…

夫の能力に震える話

ジョニーさんには恐ろしい能力がある。 「行こう、ここもじき腐海に沈む・・」 ユパさま? ユパさまなの? ユパさまって帽子脱いだ時の衝撃凄かった。 モヒカン?って二度見したよね。 しかも45歳なんだって。意外とお若い。 ・・ってユパさまはどうでもよか…

私のお父さんの話

今週のお題「おとうさん」 はてなブログの今週のお題に乗っかって、 今日は父のことを書こうと思う。 父は静かな人である。 顔は志村けんに似ているが冗談を言って人を笑わせるようなタイプではない。 というかあまり話さない。 コミュニケーション能力が極…

全裸のおじさんに左右から襲われたらどうする?という話

夫ジョニーさんと息子コペルは空手を習っている。 空手には実際に戦う組手の他に 型というものがあり、 稽古では毎回繰り返しこの型を何度となく反復練習する。 型には実戦を想定した受けと攻撃のパターンが 無数に組み込まれてあり、 意識しなくても手足が…

妻の容姿なんてどうでもいい?という話

最近お肌の衰えや体型の緩みを気にしていた私のところに ジョニーさんが来て言った。 「俺にとってはさ、 トマレちゃんはもう家族だからさ もう、すごーく綺麗でいてほしいとかはあんまり思わないわけ。」 そんなのどうでもいいと思われるのも 癪にさわる複…

切腹とエジソンから息子が学んだ話

前回 息子が剃刀でなぜかお腹を切った 「息子の切腹事件」について書いたが なぜ息子が指や手ではなくお腹を切ったのかということについては しばらく謎のままだった。 いくら聞いても教えてくれないのだ。 だから私たち夫婦は ちょっと早いがそういうことだ…

息子が切腹事件を起こした時の話

2年前。 息子コペルが4年生の頃のこと。 夕飯の後、リビングを出て行ったきり コペルがなかなか戻ってこなかった。 何をしているんだろうと思ったけれど、 彼ももう4年生。 赤ちゃんじゃないんだし、姿が見えないからと言って家の中ではそうそう危険なことも…

蚊に刺されやすい娘の話

娘、コケシちゃんはとても蚊に刺されやすい。 いつでもどこかしら刺されているし 登校前に虫除けスプレーをかけても 刺されて帰ってくるし、 家族で出かけた際も、一人だけ刺されている。 色々対策をするがどうしても刺されてしまうので この季節はムヒやキ…

運動会雨天順延に心を削られる話

子どもたちの通う小学校では日曜日が運動会の予定だったが、 前日の時点で天気予報は80パーセント雨。 なぜこの時期なのか。 悪天候で開催が危ぶまれる時は 先生方が当日朝の天気とグラウンドの状態、最新の予報などをふまえて判断を下し 6時から連絡網を回…

公衆電話を知らない子どもたちの話

夕飯を外に食べに行った帰り道。 「食べた分を少しでも消費したい」と 家族を巻き添えに家までお散歩。 少し遠回りして夜風に当たりながら、川辺の道をブラブラ歩いていると、 コケシが言った。 「あれ何?」 そこにあったのは公衆電話。 最近はとんと見かけ…

二重跳びが跳べない息子の話

息子、コペルは何にでも手を挙げる男だ。 6年生になって運営委員(代表委員のようなもの) に立候補した。 その運営委員の初回の話し合いで 運営委員長(生徒会会長のようなもの)にも立候補した。 でも選ばれなかった。どんまい。 代わりに朝の掃除と全校朝会時…

引き算の繰り下がりの話

宿題のクロスステッチが終わった。 サイド刈り上げでアバンギャルドだったたまこさんの髪の毛も生え揃って 無事いつものママに戻った模様。 アバンギャルドたまこママなら とか言いそうだったけど いつものスタイルに戻った今、 のび太くん、ギャンギャンに…

家庭訪問は必要か

先週ゴールデンウィークが終わってすぐ 家庭訪問があった。 家庭訪問ってなんのためにするのだろうか。 一軒一軒回るのは先生も大変だろうと思うし、迎えるこちらも緊張する。 学校での面談では足りないのだろうか? 以前の担任の先生から 「生徒の家の地理…

おばあちゃんと泥棒と認知症の話

まだおばあちゃんが元気だった頃、 実家の隣には小さな鉄工所があった。 一階の半分が作業場 残り半分と2階が住居になっていて 80歳のおじさんが一人でやっている小さな小さな工場。 日中は多少金属のガチャガチャいう音こそ聞こえてくるが、 こちらの生活…

不器用で照れ屋な甥っ子の不器用な優しさの話

ゴールデンウィーク後半は秋田から帰省してきた義妹家族と過ごした。 久しぶりに小学1年生の甥っ子にあったのだが、 去年あった時は 無邪気に手を広げ、駆け寄ってきた彼も 今年は ずいぶんとシャイボーイになっていた。 そうだよね。 久しぶりに会う人との…

大人女子な街歩きの話

ジョニーさんは一人でショッピングをするのが好き。 今回の帰省中も「一人の時間をもちたい」と 私たちと別れて単独行動。 いそいそと出かけて行った。 ぶらぶらと好んで見て回るのは男の人が見て楽しそうな洋服や革小物などではない。 お洒落な北欧雑貨や文…

きのこたけのこ戦争に巻き込まれる話

明治きのこの山 「きのこ党新党首就任&食べ方」篇 60秒 夫と二人でネットに流れていた松本潤さんのきのこ党党首就任の動画を見ていた時のこと。 この動画自体は年明けくらいからTVCMとして流れていたっぽいのだが、 最近ツイッターで流れているのを見て初め…

負ける息子を見守るということ

週末息子の空手の昇級試験があった。 うちの流派の昇級試験は まず基礎体力審査があり 型の審査をして 組手がある これら3つの審査を総合して、昇級にふさわしいかが判断される。 息子は空手を始めて5年。帯の色は緑。 今回は3級への挑戦だった。 少年部では…

小学生は怪談がお好き

小学生は怪談が好きだ。 特に女子は必ず通る道じゃないだろうか。 娘、こけしちゃんのクラスで流行っているようで、 何か怪談を教えてくれとせがまれる。 怪談を、と言われても稲川淳二でもあるまいし、手持ちの怪談なんてない。 仕方ないので遠い昔、私が小…

いよいよ本番!娘のバレエ発表会の話

日曜日娘のバレエの発表会があった。 娘のバレエ教室では発表会が2年に一度あり、 娘にとっては2度目のバレエの発表会となる。 娘のバレエについての今までの記事はこちら↓ ずいぶん前からこの日のためにレッスンを重ね、 年明けくらいからは毎週末 他クラス…